忘れられないイカスミパスタと友のお話@Luigi

忘れられないイカスミパスタがある。

というか、先週食べてからずーっと舌が覚えている味が。

地中海寄りのイタリアンレストラン、“Luigi”の、イカスミパスタ。

手打ちならではの太くてコシのある、イカスミの練りこまれた塩っ気のあるパスタに

オリーブオイルのドレスを纏ったムール貝が惜しげも無くパスタの上に優雅に腰をかけ、

その漆黒と琥珀のコントラストが、もう、優美。

 

このレストランで、プノンペンに住み始めてから出会えた大切な友人と、久しぶりにご飯。

今は日本がベースの彼、

面と向かってテーブルを囲みながら話すのは半年ぶりだったから、

嬉しくて嬉しくて、

半年の中での自己の気づきや、

相手の心境の変化や、

なんだかとにかく、いろいろ話した。

 

彼がまだプノンペンをベースに暮らしているときは、

もう一人いるメンバーと3人で

それぞれの生い立ちをプレゼン形式にまとめてシェアしたり(笑)

3人ともども生真面目な性格も似ているからこそ、

過去も未来も、ぜーーーーーんぶ共有して、

苦しい時を支えながら、乗り越えながら、カンボジアという国で、生きた。

 

日常でふと、自分の中に生まれた答えをその仲間たちに伝えては、

洞察力が長けている2人が投げかける「それってどういうこと?」に

答えていくことで生まれる”まだ見ぬ自分”を発見できることが嬉しくて、

いつのまにか私の全部を知ってくれている、尊敬できる友人ができたこと。

それがカンボジアという異国の地だからこそ、ものすごく嬉しいし、私の誇りだ。

 

話はずれましたが、

その中の1人と久しぶりの夕食、なんてもんだから、

「あのね。こうでね。ああでね。」って、ワインぐびぐび飲みながら語ったわけで。

 

そんな中で冒頭で書いた

“イカスミパスタの味が忘れられない”って、

それってものすごいことじゃないかしら。って話で。

 

味なんて思い出せないぐらい夢中で語っていたはずだし、

「それはそうと、ここのお料理全部美味しいよね」って会話を切り出したのは

後半戦も優に満喫した頃だったもの。

 

それとも、

その場の会話が大切な友人と交わしたもので、本当に楽しかったからこそ、

忘れられない味になったのかな。

 

そんなんで、ここ“Luigi”

忘れられないイカスミパスタと、友人のお話。

プノンペンに住んでいるからこそ出会えた大切なものたち。

 

また書きます。

 

kanako

 

生ハムと、チーズと、オリーブと。

JPEGイメージ-E4B809247BC1-1

 

 

ムール貝のオーブン焼き。

チーズが贅沢にたっぷりかかっていて、ほんのり舌に香るガーリックが

白ワインと絶妙なコンビなのです。

JPEGイメージ-27627D93BA0C-1

 

 

 

保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存